Mini-D

Mini-D

Mini-Dは、2.8mmの狭ピッチで8本の同軸コネクタを配した接続システムです。交換可能なSMPSブレットを介して基板側と接続するので、SMPSコネクタのハウジングに直接ダメージを与えることなく何度も脱着したいアプリケーションに最適です。嵌合相手として2種類の基板実装コネクタ(低背設計のエッジマウントタイプ、表面実装タイプ)を取り揃え、67GHzの高周波に対応します。

特長

  • 高密度設計(2.8mmピッチ)
  • 高信頼のSMPSインターフェイス
  • 嵌合相手として2種類の基板実装コネクタあり(低背設計のエッジマウントタイプ、表面実装タイプ)
  • 67GHzの高周波数に対応(1.85mmコネクタを接続時)
  • 交換可能なSMPSブレット採用により、長寿命を実現
  • 標準のSMPS引抜工具で、簡単にSMPSブレットを取り外し可能
  • 誤嵌合を防止するD-sub形状
  • ダメージから保護するため、D-sub筐体内にSMPSコネクタを配置
  • ジャックスクリューによるクイックな嵌合離脱

用途

  • 半導体試験装置(ATE)
  • 卓上試験機
  • 製品評価ボード
  • 防衛・航空宇宙
  • 計測、試験装置
  • 組込みシステム
SMPSブレットは標準工具で取替可能
SMPSブレットは標準工具で取替可能

Mini-D RF

Mini-D カタログ