SCRセンサ(尿素センサ)

SCRセンサ(尿素センサ)

世界各地で排出ガス規制が強化される中、近年、尿素SCRシステム等の排出ガス浄化システムが、ディーゼルエンジン搭載のバス、トラック、建設機械などに標準採用されています。

アンフェノールのSCRセンサ(尿素センサ)は、尿素SCRシステムのタンク内の尿素水の濃度や水位・温度などを計測することで、尿素水の品質を管理し、システムを正常に機能させる働きを担っています。

お客様のSCRシステムの形状、仕様に応じたカスタム品を提供しておりますので、お気軽にお問合せください。

特長

主な検知機能

  • 尿素水濃度検出(超音波センサ)
  • タンク充填量(超音波センサ)
  • オイルなどの混入異物
  • 温度測定など
SCRセンサ(尿素センサ) カタログ