OCP Open Rack V3 電源コネクタ

OCP Open Rack V3 電源コネクタ

ポジトロニック(注1)は、Open Compute Project (OCP) 仕様の Open Rack V3 ( ORV3 ) 電源コネクタを提供します。従来の Open Rack V2 (ORV2) は、12V電源シェルフを使用していましたが、データセンターの進化に伴いハイパワー要件に対応する必要に迫られています。そのため、48V電源アーキテクチャを採用した Open Rack V3が策定され、さらなる大電流への対応が可能になりました。ポジトロニックは OCP規格を主導するFacebook社と共同でいちはやくORV3に適合する電源コネクタを開発、このたび販売を開始しました。なお、引き続きORV2電源コネクタも提供しております。詳細についてはお気軽にお問合わせください。

(注1)2021年にアンフェノールが子会社化

電気的仕様 ( vs ORV2電源コネクタ)

項目 ORV2電源コネクタ ORV3電源コネクタ
コンタクトサイズ #12 (AWG10&12) #8 (AWG8,10,12&16)
コネクタ成形 モジュラー型 モジュラー型
耐電圧 2,200V 4,000V
定格電圧 600V 1,500V
定格電流 50A Max 70A Max
許容電流(周囲温度30℃) 35A 50A
動作温度 -55℃~+125℃ -55℃~+125℃
初期接触抵抗 0.4mΩ以下 0.4mΩ以下
絶縁抵抗 5GΩ 5GΩ
タッチプルーフ ソケットのみ ピン、ソケット両方

特長

  • 極性キー付き
  • 誤嵌合を防止するため、左右でコネクタの極性キー位置が相違
  • PCBマウントのオプション

クラウド、データセンター向け 電源コネクタのご紹介