Temper-Grip -高温に強い大電流コンタクト技術-

Temper-Gripは、ナプキンリングでソケットのばねの緩みを抑制し、高温下でも大電流を使用できるコンタクト技術です。ソケットコンタクトは、長時間にわたって高い温度にさらされると応力緩和現象が進行し、ばね保持力が低下します。Temper-Gripは、ベリリウム銅製ばね接触部の接圧を、高強度のステンレス製リングで維持することにより、接触抵抗を低く保つことができます。そのため、200℃以上の高温下でも最大220Aの大電流を流すことが可能になりました。

大電流コンタクト技術であるRADSOKでは適用が難しい200℃以上の温度環境下においても、Temper-Gripコンタクトを使うことで、大電流コネクタを実現できます。

"NAPKIN-RING" TECHNOLOGY

特長

コネクタへの応用例

Temper-Gripは大電流を実現するソケットコンタクト技術です。実績豊富な下記シリーズのコネクタに使用できます。各種カスタム設計にも対応いたします。

MIL-DTL-5015 シリーズ、GT シリーズ、ハイパワーコネクタに組込み可能

MIL-C-5015 シリーズ
MIL-DTL-5015規格コネクタにTemper-Gripコンタクトを組込み、安価で高性能なパワーコネクタを実現できます。豊富なインサート配列、圧着、半田、PCB、バスバーなどの結線方法をお選びいただけるほか、表面処理のオプションも幅広くご用意しております。

GTシリーズ
鉄道車両や防衛車両で実績のあるGTシリーズにTemper-Gripコンタクトを組込み、高温下で振動や衝撃に強い防水仕様の大電流コネクタを提供します。

ハイパワーコネクタ
ハイパワーコネクタは、MIL-DTL-38999シリーズIIIの優れた特長を生かしながら、電源用コネクタとしての機能を付加したパワーコネクタです。Temper-Gripコンタクトを組込むことで、MIL-DTL-5015およびMIL-DTL-22992規格コネクタを上回る性能を発揮できます。

用途

  • 防衛車両、電動航空機等の電源システム(モータ、インバータ)など

Temper Grip Contacts

Temper-Grip カタログダウンロード