AHDP シリーズ

  • 圧着

AHDP シリーズ

AHDP シリーズは、耐環境シール性に優れた、熱可塑樹脂製の多芯丸形コネクタで、過酷なオフロード環境においても高いパフォーマンスを発揮します。シェルサイズ18、24の業界標準コネクタとの互換性を維持しながら、人間工学的なデザインで握りやすさを改良したカップリングナットや目視・触手で嵌合確認できるインジケータにより、確実な嵌合を保証します。また、ケーブル組立は、通常のストレーンリリーフかシール性を高めた締付けナットの2つのバックシェルタイプからお選びできます。民間車両、農業、建設機械または海洋設備などの過酷なアプリケーションで中継用としてあるいはパネルマウント用としての使用に最適です。

特長

  • バヨネットクイック嵌合
  • 使用温度範囲:-55~+125℃
  • 大電流RADSOK®コンタクト
  • 定格電流:7.5~80A(7~22AWG)
  • 熱可塑樹脂製ハウジング
  • シェルサイズ24で、11種類の芯数をご用意(7, 9, 18, 19, 21, 23, 27, 29, 31, 35, 47)
  • シェルサイズ18で、6種類の芯数をご用意(2, 6, 8, 14, 20, 21)
  • 嵌合回数:100回
  • 防水性:IP67/IP69K(嵌合時)

構造図

  • ① 保守性、握りやすさを強化した幅広のねじリング
  • ② クイックで確実な嵌合を可能にするインジケータ
  • ③ 一体型のねじ切りバックシェル(ローコストなストレーンリリーフ付き)
  • ④ オプションで、バックシェル提供可
  • ⑤ コンタクト引抜工具
  • ⑥ RADSOK®コンタクト
  • ⑦ メタル製ウェーブワッシャー
  • ⑧ 樹脂製ジャムナット
  • ⑨ 樹脂キャップ

構造図

AHDP シリーズ カタログ