パワー38999 シリーズ、電源用D38999コネクタ

パワー38999シリーズ、電源用D38999コネクタ

今日の防衛装備品においてもっとも多く使われているコネクタは、MIL-DTL-38999シリーズIII (以下、D38999コネクタ)と言えます。D38999コネクタは、操作性、耐環境性、電気特性に優れているばかりでなく、高速伝送、同軸、光ファイバ、フィルター、ハーメチック等の豊富なバリエーションを有することから、ミサイル、戦闘機、戦車、艦艇、無線機などアプリケーションを問わずに常用されています。

しかしながら、D38999コネクタのもともとのコンセプトは小型、高密度であるために、電源用コネクタとしては、やや不向きな面もありました。そこで、アンフェノールは、D38999コネクタの優れた特長を生かしながら、電源用コネクタとしても十分にお使いいただける、パワー38999シリーズを開発しました。

パワー38999 シリーズは、7.5A~100Aまで対応可能で、豊富なインサートアレンジメントとあいまって、殆どの小中容量の電源ニーズをカバーできます。結線は、圧着のほか、バスバー、ねじ穴、PCテール、ソルダータイプから選択可能です。

なお、単芯で最大1000Aの大電流に対応できるWPTV シリーズも合わせてご検討ください。

パワー38999 シリーズの特長

  • 7.5A~100A、600Vまで対応可
  • 単芯~11芯の豊富なインサートアレンジメント
  • 圧着、バスバー、ねじ穴、PCテール、ソルダーの結線タイプをご用意
  • シェル材質は、アルミ、ブロンズ、ステンレススチール、チタン、コンポジット等
  • MIL-DTL-38999シリーズIIIの耐環境性

パワー38999 シリーズ データシート

よく比較される製品