Max-M12 シリーズ
J2839規格準拠のヘビーデューティ仕様 EtherCAT対応ケーブルアセンブリ提供可無料サンプルを申し込む

Max-M12シリーズ

フィールドバスで使われる標準的なM12コネクタは、建設機械や農業機械などヘビーデューティな環境で使われることを想定しておりません。そのため、SAE(米国自動車技術者協会)は、高振動、高温などの苛酷な条件をクリアする、高速データリンク接続用コネクタとして、J2839規格を策定しました。アンフェノールの Max-M12コネクタは、このJ2839規格に準拠しており、ハードな環境のファクトリーオートメーションやセンサでの使用はもちろんのこと、建機、農機、鉱業機械や鉄道車両などの非常に厳しい環境でも使用できます。

IEC 61076-2-101、SAE J2839準拠のMax-M12 シリーズは、A/B/D/Xコードをラインアップし、作業工数を削減できるよう、複数の接続オプション、結線タイプをご用意しております。
またEtherCAT対応ケーブルアセンブリで提供可能です。

特長

  • IEC 61076-2-101、SAE J2839準拠
  • Xコードは、10Gbpsの高速伝送に対応
  • 芯数:3~12芯
  • 定格電流:0.5A~4A
  • 定格電圧:30V~250V
  • 保護等級:IP67/IP68
  • 塩水噴霧:240時間 Max.
  • 使用温度範囲:-25℃~+85℃(Xコードの場合:-40℃~+85℃)
  • 嵌合耐久性:500回
  • EMIシールド対応可能
  • 適用電線サイズ: AWG20、22、24、26
  • EtherCAT対応ケーブルアセンブリ提供可
  • EtherCAT、PROFINET適合

用途

  • 建設機械
  • 農業機械
  • 鉱業機械
  • 林業機械
  • 鉄道車両
  • ナビゲーション、GPS、テレマティクス
  • 苛酷な環境下のセンサ、コントローラ、アクチュエータ等
  • ファクトリーオートメーション
Max-M12 シリーズ カタログ

よく比較される製品